ロードバイクに乗っていて、長距離になると膝が痛くなったりすると、遠出するのが怖くなります。

フィッティングだったり、ストレッチなどいろんな方法でみなさん予防していると思いますが、それでも治らない場合ってありますよね。

  • 毎年同じ時期に膝を痛める
  • フィッティングなどをしても治らない
  • 軽いギアでくるくる回しても痛くなる

など、色々やてみたけど治らないんですよね。

なぜかというと、原因は1つじゃないから。ロードバイクで膝が痛いというと、腸脛靭帯炎であることがほとんどなのですが、原因はそれだけじゃないんですよね。

 

僕と同じように半月板の損傷かもしれません。

膝の痛みの原因は半月板損傷かもしれない

私はロードバイクを初めて2年になりますが、膝の痛みには常に苦しめられて来ました。

なにか対策をしては治ってまた発症して、なにか対策をしては治りその後また発症しての繰り返し。今までやって来た対策は

  • プロによるフィッティング(BGfit)
  • インソール
  • ストレッチ・アイシング
  • 整骨院に通院

ということはすでにやっています。膝が痛くなった原因としては、

  1. 腸脛靭帯炎
  2. 膝下筋の過緊張
  3. 膝蓋靭帯炎

が主な理由でした。驚いたことに毎回原因が違ったんですよね。そしてそれぞれに対して対策しているのに、また膝が痛くなった。本当に困ったなぁと。

と思って、病院に行って改めてMRI調べてみると、半月板損傷していたんです。原因はこれでした。

半月板損傷は普段の生活は問題がないけど自転車だと痛い

半月板損傷の自転車乗っている時の症状は、膝の下側半分がピリピリ痛むような感じ。我慢はできるからペダリングもできます。でも痛い。

そして軽度の損傷の場合は、普段の生活ではまったく問題はない。半月板損傷というと重度の障害のように聞こえるけど意外にそんなでもないんです。

半月板損傷になるのは、膝への衝撃が多いスポーツをやっているとなっている人が多いそうです。僕の場合はフットサル。急発進や急制動。そして急な方向転換をやるスポーツをやっていた人は多いようです。

半月板って膝関節の骨と骨の間にある、潤滑している部分なのですが、軽く損傷しても膝は動きます。痛みもありません。だから自分は半月板損傷なんかなっていないっていう人も、私生活では困らないから気が付いていないだけって人も多いそうです。

でもある自転車だと問題が出て来てしまうんですよね。

骨と骨の間に板が挟んであって、それが潤滑を助けているんですが、その板がささくれ立っている状態なんです。指の爪の根元のささくれを思い出してもらったらわかりやすいかと思います。

それが膝を動かすたびに膝の骨と擦れるんですよね。普通の生活の回数ならまだしも自転車に乗っていると1分間で90回転。1時間で約5000回。1日だと数万回になるわけで、それだけ擦れると、炎症も起きて痛みも感じますよね。

半月板損傷はヒアルロン酸で抑えられる

半月板損傷は手術での治療になるのですが、入院しないといけないし、当分歩けなくなるし、スポーツ復帰は半年かかるし。デメリットもあるので基本的にはしません。

じゃあどうするかというと、ヒアルロン酸なんです。

あの女性たちが肌に注射したりしてるアレです。

膝にヒアルロン酸を注射をすることでスベリをよくして、引っかからないようにするという対症療法です。なので治るわけではないのですが、痛くなくなります。

特に冬場などで寒くなったり膝が冷え始めると痛くなるなら、半月板損傷の可能性が高い。その場合はヒアルロン酸注射をすると、抜群によくなります。今までの苦労はなんだったのかと思うほどに 。

痛くなり始めるとライド中なにしても治らなくて、ロングが辛かったのですが痛くならないんですよ。100km走っても200km走っても。ヒアルロン酸注射は僕にとって本当に救世主です。

注射を続けないといけない

もちろんヒアルロン酸注射は治療法ではなく対症療法なので、根本的な原因の治療ではありません。つまり痛くならないだけで治ってはいないんです。

ヒアルロン酸注射は、半月板損傷が治るわけではないので、毎週毎週続けないといけないんです。しかも自分ではできないので、毎週整形外科に行かないといけない。費用も時間もかかるので、時間とお金がある人はいいんですが、なかなか続けられないんですよね。

で、考えたのが、ヒアルロン酸を飲めばいいんじゃないかってこと。

半月板損傷って、ご老人の膝関節痛と一緒なんですよ。膝関節の動きがわるくなって痛みがでる。だからそこを潤滑してやればいいってわけです。

試しに飲んでみるとなかなか時間がかかりましたが、膝が痛くならなくなった。

もちろん、ストレッチも続けているし、フィッティングを受けているから腸脛靭帯や膝下筋の緊張はとれている状態です。膝蓋靭帯炎を抑えるためにアイシングをしています。

それでも痛くなっていた原因が半月板損傷で、それはヒアルロン酸を摂取することで痛みを抑えることができます。

ちなみに僕が今飲んでるのが、皇潤極というやつでまさにご老人の膝関節痛のそれ。

効いてくるまでに数週間かかりましたが、今では整形外科に行って注射しなくてもよくなりました。少し費用がかかりますけど、膝が痛くならないならそれが嬉しいと思って飲み続けています。

皇潤極の詳細は公式サイトで確認してください

半月板損傷の治療方法は手術のみ

じゃあちゃんと治療すればいいんじゃない?ってなりますよね。もちろん半月板損傷には治療法はあります。ただ治療方法は手術のみなんですよ。膝に1cmほどの開けて、ささくれになっている部分を切除or縫合をする方法です。

デメリットとしては、当分は歩くこともできないのと、関節の軟骨部を結果的に痛めてしまうことがあります。当分は歩くこともできませんし、スポーツ復帰には半年ほどかかるそうです。

ちょっと手術という選択肢は考えたくないですよね。実際に手術する人は少ないそうです。ちなみにロッキング(ささくれが膝関節の動きを阻害して、激しい痛みとともに膝の動きがロックする状態)などが見られれば、要手術となります。

スポーツをする上で半月板の手術をするのはデメリットが多いので、よほど重度でない限り勧められないそうです。

なのでヒアルロン酸注射でごまかすんですよね。ちゃんと通える人は整形外科に通って注射を打ち続けるのが、現時点でとれる最良の方法じゃないかなと。

ロードバイクで膝が痛い時にあなたにできること

これまで僕はロードバイクでの膝の痛みにかなり悩んできたのですが、そのたびに対策をみつけその解決をやってきました。

いずれもロードバイクに乗りすぎなだけなので、やめればいいのですがそういう訳にもいきませんよね。乗りたいから対策をするんです。

実際に効果があったのは、大きくわけて3つ。

  • フィッティング
  • 整骨院・ストレッチ・アイシング
  • ヒアルロン酸

この3つで完全に対策できたと思っています。

フィッティングはロードバイクのポジションのためにBGフィットを受けてきたのレビューでも書いてあるようにspecializedのBGfitです。

これでクリート位置とインソールを装備して、腸脛靭帯が痛くなるのを抑えられるようになりました。

その後、膝裏と膝前が痛くなってしまう症状が発生して、それは整骨院にいってマッサージをうけ、その後はストレッチとセルフマッサージやアイシングなどで抑えてます。もちろん整骨院もたまに通っています。

そして半月板損傷の部分は、皇潤極を飲んで症状を抑えています。

ヒアルロン酸は飲んでも効かないなんて言われていますけど、実際に効いてるから僕にとってそれは問題じゃないんですよね。

いずれも完全に治るという方法ではありません。自転車に乗っていたら絶対に筋肉への負担はあるからどうしても痛くなってくる部分はあります。でもちゃんとメンテナンスできていれば、ある程度うまく付き合っていくことはできると思います。