誰かと一緒に住む時、おそらくシェアハウスか恋人との同棲が多いでしょうか。

wifiも1人暮らしか2人暮らしでは、選び方が変わってきます。

2人暮らしにおすすめなのはwimaxか光回線のどちらかをおすすめします。あなたにとってどちらがいいのか、このページを読めば判断できるように書いて見ました。

2人暮らしでのwifi選びのポイント

2人暮らしでwifiを契約する時になにを見るべきかというと

  • 回線の速度
  • 通信制限なし
  • ルーターの性能

の3つです。

速度を気にすべきなのは2人が同時に使うことを想定すると避けられませんよね。

2人で同じことを常にしている超ラブラブカップルならまだしも、2人げ別々にwifiを利用することだってあるはず。特にwifi経由で動画を再生するのは電波の量を使うので、動画見ることが多い人は速度は気にした方がいいでしょう。

そして速度制限にも気をつけないといけません。せっかくwifiを契約したのに、通信制限かかったら意味ないですよね。なので通信制限がないプランで契約する必要があります。

ルーターの性能も気を配る必要があります。ルーターの性能によってはwifiの同時接続数が少ない場合があります。まぁそれぞれのスマホだけの場合であればいいのですが、TVに繋いでネットフリックスを見たりパソコンに繋いで作業したり、今やwifiに繋ぐと便利なものはたくさんあるので後々の拡張性を考えると8台ぐらいは同時接続できた方がいいですね。

どのwifiを選べばいいの?

じゃあ今のことを踏まえて、何を選べばいいの?

ってことなのですが、当サイトではwimaxをおすすめしています。wimaxにする理由は

  • 2人で利用する上で十分に高速
  • 工事がないから初期費用が安いしすぐ利用できる
  • 無制限
  • 安い
  • いいルーターを選べる

という点です。

wimaxはW05という機種を使えば現在最高で758Mbpsと超高速のモバイルルーターなので速度は安心できるレベル。実測もいろんなサイトが公開してくれていますが、100Mbps以上は当たり前です。1番速度が必要なのがyoutubeの高画質動画を見たり、オンラインゲームをすると速度が低いと困るのですが、この2つも30Mbpsも出れば十分に途切れることなくできます。なので速度は十分。

そして速度がもっと速いのは光回線なのですが、これは工事が必要なので初期費用が2万円以上必要なのと(昔のような工事費用無料キャンペーンは終わりました)工事をするまでwifi使えないので今の時代に考えられないですよね。

しかも無制限のプランがある。そしてそのプランでも安いということ。そしてルーターはL01とかW05を選べるので問題ありません。

二人暮らしにはWimaxのホームルーター型を選ぼう

WiMAXのルーターは大きく分けて2種類あります。

  • モバイルルーター
  • ホームルーター

それぞれのメリットとデメリットがありますが、迷ったら2人暮らしにはホームルーターを選びましょう。

なぜ据え置き型がいいのか。デメリットもあるんですが2人暮らしには据え置き型じゃないとダメな理由があるんです。

モバイルルーター型の特徴

モバイルルーター型というのは持ち運びできるWiMAXです。クレジットカードぐらいのサイズで少し厚みがある機種が多いですね。

  • 持ち運びできること

が、メリットですね。外でもWiFiを使えるのはスマホのギガの節約にもいいですよね。でも2人のうち1人しか持ち歩けないのが玉に瑕。

デメリットは

  • スリープモード
  • wifiの電波が弱い

ことです。

モバイルルーター型はバッテリーを使っているので、スリープモードになってしまうこと。スマホと同じようにずっと起動していたらすぐにバッテリーがなくなってしまうので、使っていない時は自動でオフになってしまいます。これによってwifiを使いたい時にわざわざボタンを押してスリープモードから解除してあげないといけません。

ちょっとめんどくさいですよね。

そしてwifiの電波が弱いこともあります。モバイルルーターは持ち運びができるのでそこまで強い電波を発生できるようにできていません。なので基本的に手元においてスマホやタブレットPCを使うことになります。

なので離れた場所にルーターをおいていた場合には、スリープモードからの解除強い電波を拾うためにわざわざ取りに行かないといけないのもデメリットでしょう。

ソファに寝転んでいてテレビのチャンネルを変えたいのに、リモコンが少し離れたテーブルの上にあるから取りに行かないといけないめんどくささと言えば通じやすいでしょうか?

1人暮らしなら常に持ち運べる便利さがありますが、正直2人暮らしにはモバイルルーター型は向いていないと思います。

そこでおすすめするのがホームルーター型です。

ホームルーター型の特徴

ホームルーター型はあまり見たことがないと思います。

簡単に言うと、コンセントに繋いで使う固定回線みたいな感じです。(実際には少し違います)

デメリットは

  • 電源が必要
  • でかいから持ち運びは難しい

というところでメリットは

  • wifiの電波が強い
  • 有線で繋げる

というところです。

2人暮らしの場合は、2人ともwifiが必要だとしたらどうせ持ち歩けないのです。なぜなら1人が家からwimaxを持って出てしまうと、もう1人はwifiを使えません。ってことは2人で出かける時以外は家から持ち出せないってことです。

1人暮らしだと持ち運びできないのはデメリットになりますが、2人暮らしだとこのデメリットは無視できます。持ち運びしないなら、ずっと家に置いておけばいいので電源が必要でも困らない。デメリットはほとんどないわけです。

ではなぜ2人暮らしは据え置き型なのかというと、常時電波を飛ばした状態にできます。モバイルルーター型はバッテリーで動かしているので、スマホのように起動しないといけないというのは説明しましたよね?

常時wifiを飛ばしっぱなしにできるのです。ずっと起動したままにできる。そして離れた部屋でもwifiがちゃんと繋げるレベルで電波が強いので、わざわざ手元に置いておく必要がないんです。固定回線のwifiと同じように使える。毎日使うものなので好きな時にすぐにwifiを使えるのはメリットだと思います。

なので2人暮らしのwifiはホームルーター型のwimaxを選びましょう。

こんな人はwimaxを勧められない

wimaxを勧めていますが、それでも合う人と合わない人がいます。万人にちょうどいいwifiはないんですよね。

とは言っても、wimax以外に選ぶとしたら今はもう光回線しかないんです。wimaxのデメリットが

  • 無線であること
  • 3日間で10GBで制限がかかる

という2つがあって、これが解決できるのは光回線だけだからです。

wimaxのメリットは無線であることなんですが、同時に無線であることがデメリットなんです。どういうことかというと、無線は有線ほど安定はしないから。

例えばPS4やPCでオンラインゲームをする人はできれば光回線の方がいいでしょう。なぜなら無線だとどうしてもタイムラグが生まれてしまうからです。工事をして光ファイバーを直接繋ぐ有線であればリアルタイムに通信できるしさらに安定しています。電波が途切れる瞬間もないのです。

だからオンラインゲームのヘビーユーザーはWiMAXではなく、光回線を利用すべきです。

そしてWiMAXは基本的には無制限のプランがあるのですが、3日で10GBを超えると次の日は通信制限がかかります。それでもスマホの128bpsという極端なものではなくて、1Mbpsほどなので、YouTubeの標準画質は見れるレベルですが。にしたとしても、制限は嫌ですよね。

3日で10GBってほとんど超えることはないのですが、私は超えたことが1度だけあってDAZNでサッカーの試合を見まくった時。実はDAZNってめちゃくちゃ通信容量がでかいのでWiMAXに向いていません。

ちなみに10GBってどのくらいかというとauの公式サイトによると1GBで使えるのが↓の表の通り。

ちなみにさらに調べてみると

  • Youtubeで33時間
  • Netflixで10時間
  • TVerで30時間
  • Huluで21時間
  • DAZNで3.3時間

程度見れる計算になります。DAZNだけ異様に短いでしょ。なのでDAZNをよく見る人はWiMAX向いていません。あとNetflixを3日間で10時間以上見ている人も(あんまりいないと思うけど)WiMAXはやめた方がいいです。少し高いですが、光回線にしましょう。

WiMAXのホームルーター型を契約しよう

おすすめのwifiはホームルーター型のWimax。

これを選べば家で手間取ることもなく光回線のように、wifiを利用できるようになります。モバイルルーター型もいいけれど、スリープ状態から解除するのが面倒だからあまり勧められません。

でも実は問題はまだあって、WiMAXはプロバイダの種類がたくさんあるので、WiMAXにすると決めてもまだ悩まないといけないんですよね。

(プロバイダっていうのはWiMAXと契約する会社を選べるってことです)

ってことで、WiMAXのプロバイダを徹底比較!におすすめのWiMAXについて書いてますのでそちらを参考にしてください。