勝つには失う犠牲が多すぎる 自由に生きるには4位がちょうどいい

勝つということは重要だと思っている。

負け犬にはなにも与えられないし、誰も目は向けない。

ただ誰でも勝てるかというとそうでもない。なぜなら勝つためには捨てるものが多すぎるからだ。

現在SNSで成功している人はよく「勝つためには自分のやりたいことなんて捨てろ」と言っている。

実際僕も勝ったかどうかは別として、なにもスキルがない状態から独立するまでは、毎日副業で8時間を費やしていた。もちろん本業を8時間勤務をした後にね。死ぬほど辛かったし、もう二度とやりたくない。もう一度やれと言われてもできないし、これを誰かに押し付けることはしたくない。

実は僕はフリーランスになってから、あるできごとでほぼすべてを失っている。

そこから今は立て直しをしているところなんですが、今は勝つことは目指していない。どうなんだろ。一度勝つ努力をすればいいのかもしれないけど、たぶんその努力はできないと思う。

じゃああきらめるのか?というと、あきらめることもしない。

勝つことはしない。その上で負ける選択をしない。

じゃあどうするの?

僕は4位を取り続けようとおもっている。

「1位にならなければいけない」と僕らは思っているけど、それは間違いだ。1位はなれば得るものはもちろん大きい。おそらく一生困らないような富が手に入るし、業界の有名人にもなって名声が手に入る。

でも冷静になって考えてみると、本当にそこまでの富と名声が必要だろうか。

現状、ネットビジネスにおいて、8桁稼ぐ人は少なくない。インフレが起こっていて、100万円/月稼いであたりまえになっているし、みんなそこを目指している。

この現状に違和感を覚えている人も多いのではないでしょうか?

さきほども書いたように、勝つためには捨てるものが多すぎる。

実際、子供が家庭にいたりするし、自分のやりたいことがある人もいる。じゃあ子供との時間を犠牲にしてまで稼ぎたいかということだ。

犠牲にするものが多すぎる。

だから勝つことを諦めてみることにした。表彰台には誰かにまかせておいて、僕たちは4位を目指そう。

生活には困らないベーシックインカムをビジネスモデルで作り上げて、その上で自分が本当に意義があると思う仕事をできる。

自分の大切な人とたくさんの時間を共有できるようになる。

こんな生活をできた方が幸せなんじゃないかと、心から思っている、

僕は今そんな人生を作れるように活動をしている。