キーワードをずらしすぎない方法 -悩みが浅いキーワードを捨てろ

こんにちは

ゴンです。

今回はアフィリエイトやブログを書く上で、キーワードをズラしすぎない方法について解説します。

僕はサボるのが好きなので、アフィリエイト初心者のころあまり記事数を書きたくなかったので、できる限りキーワードの取捨選択をしてきました。可能な限り少ない作業量で稼ぎたかったからです。結果1サイト目の30ページぐらい書いた頃には、10万円/月の売上が上がっていました。そしてそのサイトは100万円/月以上の売上をあげるようになりました。

この時にたどりついたのが、キーワードをずらしすぎない方法です。

副業でやるには限られた時間の中で、結果を残さないといけない。全部書いてたら時間が足りないでしょって話。キーワードを厳選しないといけない。でもせっかく出したキーワードを捨てられない人が多いのも事実。

ちょうどよくキーワードをズラすテクニックをお教えします。

僕は悩みの深さをあるポイントを絞って測り、悩みの深いズラしたキーワードを見つける方法を使っています。

キーワードをズラしすぎない方法

私はアフィリエイトは王道キーワードで書けとよく言っているのですが、それはなぜか。初心者がキーワードをズラすと、ズラしすぎて読者がいないキーワードで書いている人が多すぎるからです。

それだとアクセスはきません。アクセスがなければ売れません。

かといって王道すぎるのは検索順位をあげづらい。ですから「王道+〇〇」みたいな複合キーワードを勧めてます。しかし複合キーワードに無限にある。この無限にあるキーワードを全部書いているわけにはいきませんよね?

その無限のキーワードの中からうまくライバルの多いキーワードは避けて、でも需要のあるキーワードで書きたい。

このために僕が使っている方法は

  1. キーワードを多めに広げる(1000語ぐらい)
  2. 話し言葉のキーワードをピックアップ

という方法です。

この方法であれば、ちょうどよくズラしたキーワードが見つかります。ライバルの比較的少ないキーワードを出すことができます。

キーワードを1000語出す

キーワードの広げ方や見つけ方なんて、世の中にいくらでもあってググれば腐るほど出て来ます。

  • 商品LP
  • キーワードプランナー
  • サジェストツール
  • 知恵袋
  • ライバルサイト
  • 共起語ツール

など。いくらでも広げていけるし、広げようとしたら1000個以上のキーワードに広げるのは容易です。

では1000個あるキーワードの中でどのキーワードを選びますか?

  • 全部かたっぱしから書いていく

これも1つの方法です。1000個もキーワードを準備して、1000記事書けば必ず1つ以上当たるキーワードがあるでしょう。時間が無限にあるからそうしたらいい。考えるのが苦手な方もそうしたらいい。そして考えることで手が止まり、進まなくなるぐらいなら全部片っ端から書けばいい。

ブロガー界やアフィリエイト界でよく言われる、「とりあえず100記事書け」論はここから生まれています。

でも本業のある忙しい中で、副業に使える時間なんて限られている。無駄な時間は使ってられません。

ここは頭を使いましょう。

具体的には話し言葉のキーワードをピックすることで、うまくズラしたキーワードを見つけるようにしています。

話し言葉は言語化できていない証拠

1000個あるキーワードを目の前にした時、アフィリエイターやブロガーは呆然とします。

どれが需要のあるキーワードでどれが需要のないキーワードなのか。キーワードプランナーを使えば、検索数は把握できますが、検索数が多いキーワードがいいとは限りませんし、ライバルが多いことは容易に推測できます。

だから私がフォーカスしているのが悩みの深いキーワードについて書くということ。悩みが多いキーワードとは、自分の体験や気持ちがそのまま現れているキーワードです。

具体的には自分の知りたいことを言語化できていないキーワードの方が悩みが深いと考えています。

  1. 履歴書 書き方
  2. 履歴書 書けない

この2つうち、悩みが深いキーワードはどちらでしょうか?

答えは2です。

この2つのキーワードは、「履歴書の書き方を知りたい」という意図は共通していますよね?

1も悩んではいるのですが、冷静に自分の課題を捉えて、言語化できているので自分の知りたいことを検索しています。そして検索の意図の中には特に悩んではいないけど、はじめてだから正しい書き方を知っておきたいだけという層もいるでしょう。

それに対し2は、履歴書を書いてみてるけど全く書き方がわからん!助けて!という感情が伝わって来ます。履歴書がうまくかけないから悩んでいるけれど、なにがわからないかがわからない。私がキーワードの意図を考える場合には、そんな気持ちがあって検索欄に入れたんだろうと推察しています。

これは言語化できないほど悩んでいるということ。このようにキーワードの悩みの深さを推定し、深いものだけ記事を書くようにします。

そして話し言葉のキーワードは、うまくズレていて、検索数は少ないけれどライバルもすくない、いわゆるちょうどよくズレているキーワードになっています。

ズラしたキーワードのメリット

キーワードをズラすことでメリットはたくさんありますが、大まかには

  • 悩みをとらえやすい
  • ライバルが少ない

の2つでしょう。

詳しく説明しましょう。

悩みをとらえやすい

  1. 履歴書 書き方
  2. 履歴書 書けない

さきほども上げた、この2つのキーワードで説明します。

1で検索する人は言語化できているので、悩みが明確ですが、1つではありません。

  • 履歴書を初めて書くうえで模範的な書き方を調べたい
  • なんども書いて提出したけれど書類選考を通過できないから、書類選考を通過する履歴書の書き方が知りたい

などさまざまな検索の意図があるため、ライティングのフォーカスもあてにくい。悩みを捉えられず希薄な記事になりがちです。

要するに感動させづらいし、行動させづらいのです。

2の場合は悩みが明確です。

履歴書が書けない。その原因は〇〇だ。その解決策は△△だ。といいやすい。そしてそのターゲット像が明確なので、こちらも明確な解決策を出しやすい!

ほら、これが欲しいんだろ?と言わんばかりの記事がかける。

要するに響く記事が書ける。響けば転職エージェントに登録させるのも難易度がグンと下がります。

ライバルが比較的弱い

そしてライバルの弱さは明確です。

  1. 履歴書 書き方
  2. 履歴書 書けない

リンクをクリックしてもらえばわかりますが、全く違った検索結果になっています。公式ページもありませんし、ここでだったら差別化する記事が書けそうですよね?

ライバルの強さを測る方法はまた別記事で書こうと思っています。僕のtwitterで告知しますのでフォローしておいてください。

このようにうまくキーワードをズラせれば、明確にライバルが弱くなります。

キーワード選びの運用方法 ゴンの場合

僕はキーワードの鮮度を利用します。

「これだ!」って思ったキーワードをためておいて、後日執筆にかかろうとした時、イマイチ筆がのらない経験はありませんか?

僕はこの「なんとなく書けない」違和感で書かなかったキーワードは10個や20個ではありません。これはキーワードの鮮度が落ちたからだと思います。

私は1000個出しておいたキーワードから、キーワードプランナーで検索需要がないものをだけのぞき、ジャンル分けして保存しておきます。その時はどんキーワードで書くか決めません。

そしていざ記事を書く際に、キーワードを眺めてうまくズラせているキーワードを見つけて書くようにしています。

このようにすれば、鮮度が高いうちにそのキーワードで書ける。そして勢いで書き上げてしまって公開する。

私の方法ですが試してみてください。

キーワードをうまくズラすには言語化できていないキーワードを探せ

キーワードをズラすのは感覚的で、うまくズラす方法は見つかりにくい。

実際私の方法以外にも、キーワードをうまくズラす方法があるでしょう。ですからあくまでも1つの方法として捉えてください。

私は以下の方法でキーワードをズラしています。

キーワードをズラす方法
  1. できるだけ多くのキーワードを出す(1000個ぐらいだけど、少なくてもいい)
  2. 話し言葉に近いキーワードをピックアップ

この方法であれば、ズラしすぎることなく、しかも悩みが深いキーワードを見つけられるので、読者に刺さりやすい文章も書きやすくなります。

うまくズラすってこういうこと。

いきなりうまくズラしたキーワードを考えようと思っても出ないのは当たり前です。だからたくさんキーワードを出してその中からズレたキーワードを探しましょう。

このページを読み終わったら、今すぐたくさん書き出しているキーワードを眺めてみましょう。おそらく1つ以上は話し言葉のキーワードが見つけられるはずです。ぜひやってみてください。

質問がありましたらお答えします。僕のtwitterにDMではなくリプライで質問をしてください。

twitterでしか話さないアフィリエイトやフリーランスのコツやノウハウをつぶやいていていますのでフォローもよろしくお願いします。