大企業に入ると「使えないおじさん」を養うハメになる

こんにちは

ゴンです。先日こんなtweetをしました。

「おじさんを養う」っていうのがパワーワードだったのか、めちゃくちゃバズったんですよね。

まぁたぶん手取り100万円のおじさんのほとんどはめっちゃ働ける人だと思うのですが、一部そんな人もいるよねっていう皮肉も込めてます。

あとまぁホンマの大企業は飛び込み営業してないですけど、それは大企業の幅広げて考えていただければなと思います。あと大企業って言い方も良くなかったかな。

ちなみに仕事ができるかっこいいおじさんがいることも僕は知っています。

最後に令和の人生攻略法についても書いてるので、最後まで読んでいってくださいねー。

大企業に入ると、使えないおじさんを養うハメになります

大企業に入社すると、おじさんを養う必要があるんですよね。

大手企業に限らずなんですけど、古い体質の会社にはありがち。

窓際族って聞いたことありますか?もしかして死語?

窓際族とは、日本の企業や団体の職場において閑職に追いやられた、余剰の社員・職員を指す言葉。

出典:wikipedia

wikipediaではこう書かれてますね。

日本の正社員ってクビにできないので、使えないおじさんは窓際に追いやられていき、そこで仕事も与えられずに新聞読んでたり、コーヒー飲んでたりするだそうです。

信じられませんが、日本の企業ってマジでそれが成り立つシステムになってます。

  • 解雇できない
  • ベースアップ
  • 定期昇給
  • 終身雇用

など、おじさんをバックアップするシステム満載なんですよね。

でもなんかしら仕事させればいいじゃん。って思うかもしれませんが、実際はそうも行かないんです。なぜなら無駄な仕事を増やすから。いるじゃないですか。仕事やったら余計な仕事増やすやつ。だからそのおじさんたちは、なにもせずにコーヒー飲んでることが会社にとっての1番の利益。ま、ここまでの人はさすがにあんまりいないと思いますが。

そしてこれからは一般的に仕事ができるおじさんたちも養われる側に回っていきます。

おじさんたちの仕事は管理業務とかデスクワークですよね。こういった事務的な作業をする人ってホワイトカラーっていうのですが、現在そのホワイトカラーが必要無くなってきてる。なぜならコンピューターが発達してきたので、そういった仕事が必要なくなってきた。

これアメリカならクビにできるんですよね。事実として、ゴールドマンサックスで2000年ごろに600人いたトレーダーが、2017年では2人に減ったというニュースがありました。その変わりエンジニアが60人働いているそうです。

このように技術の進歩によって必要な能力が変わり、それに合わせて人間も進化していかなければならないのですが、日本はできません。

それでもエクセルを全部手打ちして時間稼ぎしています。そして残業代すら搾取していく始末。このようにして日本企業には必要のないおじさんたちが増えていっています

おじさんの給料を稼ぐのは若手

そしていまいち働いていないおじさんを養ってるのは誰か。若手営業社員なんですよね。

(なんども言いますが大抵のおじさんたちは優秀だと思いますよ!一部のおじさんの話)

おじさんたちがエクセルを人差し指一本で、手打ちしている間に、事務処理作業を行っている中で、毎日飛び込み営業をして汗水垂らして売上作ってくるわけです。

余談ですが今はビジネスモデルが正しければ、営業なんか必要ないっていう人がいるけど、それは間違いです。郊外ではキャッシュレスでpaypay一人勝ちしてますが、これはsoftbankが地上営業部隊を持っているからです。グループ会社ですけど。そんな話はどうでもいいか。

僕が20代前半で会社で営業してたころ。営業は自分の給料の3倍稼げって言われました。事務員さんとか、上司の給料とか、家賃とか会社を運営していくには、そのぐらいは最低必要なんだと。「おっしゃる通りだな。頑張ろう」と思って働いてましたが、これってやっぱ管理職のおじさん養ってますよね?

何度も言いますが、もちろん必要な人はいます。でもテクノロジーでカットできる仕事をやっている管理職は必要なくなっていくんですよね。

その分も若手が稼いでこないとダメなんですよ。これってマジで搾取なんですよね。マジで気がついたほうがいいです。

事実として、2019年は大手企業が45歳以上の社員を対象に早期退職を募っています。ざっとあげると、2019年にリストラ計画を発表した企業はこちら

・セブン&アイ:3000人
・みずほ 19000人
・MUFG 10000人
・三井住友FG 5000人
・日産 4800人
・損保ジャパン日本興亜 4000人
・パイオニア 3000人
・東芝:7000人
・富士通:2850人
・JDI:1200人
・ルネサス:1000人
・三井造船:1000人
・コカコーラジャパン:950人
・アステラス製薬:700人

合計70000人近くのリストラが計画されています。

これはやっぱりベースアップと定期昇給によって、上がった賃金に割りに生産性が低い社員を、早く手放したいって想いが現れています。

まぁ実際に早期退職するのは転職先がある、優秀な人なんだろうけど。退職金ももらえるし。

詳しくは↓に書いています。

今企業は「勝ち組」をリストラし始めている

おじさんも優秀だったという主張が聞こえる

知ってる。おじさん優秀だったんですよ。

高度経済成長を支えてきたのはおじさんたちだ!っていうのも聞こえてきますが、実際にそうなんだと思います。

その人たちが支えてきた礎の元、日本経済は成り立っています。
(実際には高度経済成長を支えてきた人たちは、もう少し上だという話は置いといて。)

でもそこに甘んじて新たな学習をしていない人がいて、その人養うのは僕はいやですね。昔は時代の流れが遅かった。20代を頑張れば、あとは惰性でも生きれたんですよね日本って。特に団塊の世代ではそうだった。でも団塊ジュニア世代はそうはならなかった。逃げきれなかった人たちなんです。

今の20代や30代はもっと未来が大変で、養っているバヤイじゃないんだってばよ(突然のナルト)

おじさんは優秀だった。でも今そのスキルが必要ないんだったら、武勇伝にしかなりませんよね。(デンデンデデンデン)

では今の若い人はどうすればいいのか

僕は大企業に入るなとは一言も言ってない。

それでも入りたいか?と聞いてるだけ。

どういう意味なのかというと、「自分の頭使って考えやがれボケ」ってこと。

俺の意見に、反対するか肯定するかじゃなくて、このバズってる考えはなんの意味があんのか考える。真実かどうかを調べるってことですね。

といいつつも僕の考えも一つ提唱しておきます。

将来本当に安定したかったら、伝統的な利益率が高い、10年安泰な会社に入れ。

これが模範解答です。

ちなみにこれは守りに入るためではなく、攻めるため。おそらくそんな企業入ったって、僕たちがおじさんになるこtろには、おじさんを養うシステムは崩壊してる。

たぶんそんな企業も10年も経てば、存続が危うくなってくる。だって銀行潰れかけてんだぜ?

追加でこんなツイートをしました。

そう。意識の低い、年収低くて、仕事もつまらない、超ホワイト企業に入って、余分な時間をたくさん作って、そこで勉強しまくるんです。その上で

  • 資本家になる

たぶん令和の人生攻略法はこれです。まぁ昔からそうなんだけど。

不動産、インデックス投資とか、国民年金とか堅実な投資で、月30万円の資産収入を作るのがいいでしょうね。20代でこんなこと教えてくれる人は割りにいて欲しかったなー。

僕は意識高い系転職を繰り返し、大手も入社したし、超ブラックな営業会社も入った。ずっと年収1000万円欲しかったんですよね。でもそんなに能力は高くなかった。達成できなかった。で、疲れて意識低い系転職をすると、数年後には副業で1000万円超えた。

断言しよう、マジで安定したいなら20代は目の前の年収より、学習する時間を費やすのほうが5000億万倍大切です。

僕が思いつくのはこの辺りでしょうか。まだいくらでもありそう。

この本読んでみてもよさそうです。


↑amazonに飛ぶよ

この本にはサラリーマンがいかに損をするか、そしてどうすべきかが書かれています。

少なくとも、「おじさんを頑張って養って、自分もおじさんになったら養ってもらう」という考えは捨てたほうが良さそうですね。たぶんそこまで日本経済はもたないような気がします。

  • スキルをつける
  • 実績を積む
  • 資産を作る

という未来の自分にポイントを積み重ねていかないと、僕たちがおじさんになるころにはかなり厳しそうです。

ということで、自分の腐ってる脳味噌叩き起こして、考えまくって悩みまくってください。

 

以上です!

 

twitterやyoutubeでも、これからの働き方や、個人で稼ぐ方法についてちょっとブラックにお話してますので、チェックしてみて下さい。

チャオ!

>>>ゴンのtwitterアカウントはこちら

YouTubeでも話したので、みてください。ほぼ同じこと話してますけど。