このエントリーは自転車と共に、いかにローコストで飛行機に乗って世界を旅するか、という点にフォーカスするものです。

近年はLCCが普及し、自転車を運んで旅先でライドを楽しむというライフスタイ ルが日本でも定着するものと筆者は思っていたのですが、いざLCCのウェブサイト で航空券を予約する段になると、LCCとはローコストキャリアと言うだけあって手 荷物から機内でサーブされる飲料から毛布まで全てが課金対象になります。

このようにPEACHなら国内線はスポーツ用品(自転車)に対しては一律で一区間に ¥3,900が必要です。さらに、この表の下にアスタリスクで小さく書いてあるのですが、¥1,600が必要です。世界的には通常50ポンド (22.65kg)まで許容されているのですが、このセコい3kgの違いがクリティカルな差となり、例えばEVOCのソフトバイクケースに29erのスティール製MTBをパッキ ングすると確実に22kgは超えます。

なので、自転車のために¥3,900と重量超過分 の¥1,600で合計¥5,500が片道で必要となり、ライドギアなど他の荷物のことも考 えるとかなりギリギリで、最悪はもう一つ分の¥2,800を払う羽目になる可能性もあります。

そうなると¥8,300が片道のために必要となり、ANAなどのフルサービスキ ャリアに対する価格における優位性がかなり削がれてしまいます。それでもチケッ トを押さえる時期にもよりますが、関空-新千歳ならオーバーチャージを払っても ANAの半額ほどで飛べると思います。

ただ、問題はPEACHに少なくないオーバーチャージを払ってまで非人道的に空を 飛ぶ価値はあるのか?という点で、さらにPEACHの飛ぶ関空はLCC向けに第2ター ミナルが用意されているのですが、これがわざわざ関西空港駅からバスに乗って行 く必要があり、自転車と荷物を持って移動するのは地獄です。

 

もちろん、OCAT辺りから第2ターミナルに直接行くバスに乗ったり、クルマで送って貰えばもう少し楽 にアクセスはできます。しかし、筆者は仮にLCCがローコストキャリアの半額であったとしても、自転車を持ってのトリップならLCCを選ぶことはありません。

LCC を使うなら、自転車のみ別途ホテルなどの宿泊先に送ってしまうことが多いです。 これならオーバーチャージを回避しつつも、それなりの送料を払うことにはなりま すが、自転車と言う大きな荷物から解放されるメリットには代えがたいです。

ここまでLCCはそんなに甘くないという話をしてきましたが、決してLCCを否定 するものではありません。どうしても、自転車を持ってのライドを含めた旅という のはあらゆる面でバッファを多めに見ておく必要があり、例えばPEACHなら出発時刻60分前までに航空券の購入、受託手荷物の予約をする必要があり、自動チェック イン機は出発時刻30分前にシャットダウンします。

チェックインに遅れても後の便に振り替えてくれるようなことは絶対ありませんし、とにかくLCCの旅は何か一つ でもトラブルが起こると、連鎖的に全てがダメになって余分にコストが掛かる可能 が高いのです。そのため国内で自転車を持つ場合はANAで飛ぶことにしています。

なぜANAに決めているのかと言うと、かなり昔に修行から解脱してスーパーフラ イヤーズ(SFC)の会員となっており、クレジットカードの年会費を払っている限りは恒久的に多くの恩恵があるのですが、最大のメリットはスターアライアンスのゴ ールドステイタスです。これは27社の航空会社が加盟するネットワークで、どのエ アラインでもゴールドステイタスが有効になります。

ANAの飛んでいないアメリカ で欧州でもゴールメンバーとして扱われるので、優先チェックインカウンター、ラ ウンジへの招待、手荷物の優先取扱があり、特に海外トリップで重宝するのは預け 入れ荷物が多くの場合23kg x 3個になることです。また、⻑時間の移動時にラウンジへの招待は癒されますし、搭乗時間が迫っている時は優先チェックインカウンターには本当に助けられます。

また、これは公式に謳われているものではないのですが、隣席ブロックというシステムがあり、例えば2列のシートで通路側を予約すると、窓側はそのまま空席になり、結果的に快適なフライトを過ごせるというものです。このようにかなり多くの恩恵があり、個人的にはゴールドステイタス無しでは 海外旅行はしたくないとさえ思っています。

この10年ほどは国内外の旅行や出張はほとんどANAで飛んできたのですが、「修 行」という行為がTVで取り上げられるほど有名になり、解脱した人が増えすぎて最近は国内では優先搭乗の列の方が⻑いという本末転倒の現象を見たり、ラウンジが 混雑したり、ターンテーブルに流れてくる荷物のほとんどにプライオリティタグが 付いていたり、最近は価値が下がってきていると感じます。

それはANA自身も感じ ているようで、年々SFCの取得は難しくなり、そしてそのメリットも薄くなってきており、いわゆるプレミアムポイントを稼ぐ、実際に搭乗して飛ぶカスタマーをより優遇し、陸マイラーを冷遇する方針に転じています。

そんな折、友人に教えてもらったのがデルタアメックスゴールドです。年会費 28,600円(税込)を払うと入会から1年間デルタ航空の上級会員資格であるゴールド メダリオン、つまりスターアライアンスゴールドに相当するステイタスが付与さ れ、以降は150万円/年を決済するとこれが維持できるものです。自営業で商売をし ているなら、この決済額はそれほど難しくないでしょう。どうやらデルタは日本の マーケットを獲るためこのような大判振る舞いをしているらしく、アメリカ在住な ら実際に修行しないないと獲得できないステイタスだそうです。

5月に入会して、9月に入会ボーナスの8,000マイルが付与されています。

さらに8月にエコノミーに搭乗して10,000マイルのボーナスをゲット。

そんな訳で、5月に入荷してからしばらく忘れていたのですが、7月17日にデルタ 航空が北米の自転車業界を揺るがせるプレスリリースを出します。それまで問答無 用で国内線、国際線の両方で$150だった自転車を含むスポーツ用品のオーバーチャ ージを撤廃する内容でした。これは相当な衝撃でした。何年か前に、カリフォルニ アからインディアナポリスまで自転車を持って飛んだことがあるのですが、航空券 は$100以下だったのに、自転車のチャージを$150取られて釈然としない思いをしたことがあります。

往復で$300のチャージが不要になるということは、大きく話が 変わってきます。SFC資格があるのと、ANAは自転車のオーバーチャージを取らな いため、多少高いチケットを買ってでもANAを選んできたきたのですが、ANAより 安く、しかも自転車を無料で預かってくれるのであればデルタを選ばない理由はあ りません。

早速バイクトリップに、と思ったのですが7月から8月に掛けて自転車抜きのヨー ロッパ出張が入り、デルタのオンラインでチケットを買ったのですが、往路は KLM、帰路はエールフランスという不思議な組み合わせで、調べてみるとデルタは 欧州ではこの2社と提携していました。

なので、往復スカイプライオリティのステイ タスとなり、エールフランスのラウンジは使えますし、預け入れ荷物も23kg x 3個 でした。さらにANAのSFCと決定的に違うと思ったのが、スカイプライオリティの 価値が高いということです。

優先チェックインカウンターもラウンジも空いており、優先搭乗の列も極めて短く、当然のように隣席ブロックでした。さすが、飛び続けないと維持できないステイタスだけはあります。唯一難点は関空にデルタのラウンジが用意されていないことでしょうか。

また、8月から9月にかけてのアメリカ東海岸出張(ここでも自転車抜き)ではスカイプライオリティの真の実力を知ることになります。同行者は全員デルタの会員でさえないというステイタスだったのですが、筆者は往路からいきなりコンフォートプラスとなり、座席が前の方なので入国審査まで早く到達するのでバゲッジクレイムまでがスムースで、結果的に時間に余裕が生まれます。国内乗り継ぎでもラウンジを使え、さらに預け入れ荷物も23kg x 3個になります。

非ステイタスの同行者と旅して思ったのですが、あまりにも快適さが違います。帰国 後、その内の1人が速攻でデルタアメックスゴールドに入会したのは言うまでもあ りません。その人は復路で荷物のオーバーチャージを払っており、本来ならそれだ けでカードの年会費の元は取れていたはずなのです。

さて、ようやく8月から9月にかけて念願のMTBを持ってのバイクトリップのため 関空からシアトル経由でサクラメントに飛んだのですが、当然自転車のオーバーチ ャージは無し、しかも事前でオンラインで無料アップグレードを申し込んでいた ら、自動的にシアトル→サクラメント間がファーストクラスにアップグレードされ ていました。国内線とは言え2時間のフライトなので助かります。

デルタに乗る場合の注意ですが、CO2のカートリッジは絶対に預かってくれませ ん。TSAのウェブサイトにも
はっきり書いてあるので、何も反論できません

サクラメント国際空港です。荷物に優先タグが付いているので、シアトルで入国審 査を終えてからターンテーブルに向かうと既に自転車のバッグは分かりやすい場所 に置いてありました。

帰路のサクラメント→シアトルもファーストクラスにアップグレードされ、1Cでし た。ちなみにシアトルもサクラメントもラウンジはとても良かったです。

こんな感じで初のデルタを使った北米バイクトリップは非常に好印象でした。デ ルタは来年2020年3月に成田から羽田に全路線を集約する予定で、成田からはポー トランドへの直行便が就航していますが、今後はさらに便利な羽田となります。関 東在住の方が羨ましいです。しかし、デルタのアジアでのハブ空港は韓国の仁川で あり、例えば大阪からボストンやミネアポリスに行こうと思えば、関空から仁川で 乗り継げば直行便があるので、関西在住でも色々とメリットはあると思います。

ここまで随分長くなりました、サイクリストならデルタアメックスゴールドに入荷して欧米に1度でもバイクトリップに行くと、そのオーバーチャージだけで元が 取れてしまいます。例え4年に1度、PBPのためフランスに行くような人にさえメリ ットはあると思います。しかもこのカードは海外通販やPayPalなど、海外通貨で決 済した分はマイル還元率が1.5倍になりますし、その溜めたマイルで航空券を予約 できるのはもちろん、足りない場合は現金を足して購入することすら可能です。