【アフィリエイト分析方法】売れない理由は4つしかない

こんにちは ゴンです。

今回はアフィリエイトの分析方法を紹介します。

私は5年前にアフィリエイトを始め、半年で独立してその後はアフィリエイトの収入をメインに生活しています。僕はあまり頑張りたくない人なので、「最低限のアクセスでどのようにして売るか」にフォーカスしてきました。

アフィリエイト初心者がまだ売上がないころ、めっちゃくちゃ不安ですよね。

まずは量をやれ。と言われてるからやってみてるものの、今自分がやっていることが、未来の売上に繋がっているのかを確かめたくなるんです。

アフィリエイトには4つの売れない理由があって、その4つを分析すればいいのです。

このページではその分析方法と、対策について書いています。

【アフィリエイト分析方法】売れない理由は4つしかない

アフィリエイトって考え方はとても簡単で、売れない理由がなくなれば人は買うのです。だからあなたのサイトから売れない理由をなくせばいい。

売れない理由は具体的にこの4つ。

  1. 売れない商品を売っている
  2. アクセスがない
  3. 買わない人に売ろうとしている
  4. 商品リンクの場所や置き方が悪い

1つずつ説明していきます。

1.売れない商品を売っている

アフィリエイトで売れない理由で、やってはいけない失敗。これが売れない商品をサイトで販売することです。

驚かずに聞いて欲しいのですが、ASPにある案件ってどれでも売れる訳ではないんですよ。僕は中の人ではないので正確にはわかりませんが、いまだかつて1件も売れていない案件だってたくさんある。

売り方が悪いとかではなく、売れない商品なんです。

もしそんな案件を選んでいたとしたら、どれだけいいキーワードを選んででSEOで上位表示したって売れないんですよ。SNSでどれだけ拡散しても売れないものは売れない。

ですから売れない商品を選ばないために、アフィリエイト初心者がやることは、王道ジャンルを攻めること。さらに王道ジャンルでも売れている商品を選ぶ。

売れている商品を選ぶには、そのジャンルの代表的なキーワードで「〇〇 おすすめ」などで検索して上位3記事を見てアフィリエイトリンクが貼られている案件を選べばいい。

トップアフィリエイター達が、売れない案件を選ぶことはありませんから。

2.アクセスがない

売れない理由のその2は、アクセスがない。もしくは少ない。という理由です。

これはアクセス解析を見れば明らかで、アフィリエイトリンクを貼っているページが読まれていなければ売れません。誰でもわかることです。アクセスを集めるためには、

  • 内部リンクで別ページから移行させる
  • SEOで順位をあげる
  • SNSから集客する

などの方法があります。

3.リンクの場所や置き方が悪い

そして王道ジャンルで、アクセスもあるし、それなのに売れない場合は、アフィリエイトリンクの場所が悪い。

よくある間違いが、ページの先頭にリンクを貼ってしまうパターン。途中離脱にビビって「離脱する前にリンク踏んで!」ってことでリンク貼ってるんでしょうけど、最後まで読まれない文章で商品リンク踏まれる訳ないんですよ。

しかもアフィリエイトリンクを見た人は、売り込まれるのを嫌って離れていきます。

まずはそのページに訪れた理由をしっかりと、満たしてあげてその上でリンクを貼りましょう。

もしどこにリンク貼ればいいかわからなければ、1番最後に貼りましょう。ベストではありませんが、ベターです。最後に貼っていることが原因で発生しないことはありませんから。

4.買わない人に売ろうとしている

王道ジャンルを選んでいて、アクセスもある。アフィリエイトリンクの場所も間違っていない。

この場合、買わない人に売ろうとしているケースが考えられます。

例えば、こごえるような真冬の雪の中でかき氷を売っても売れません。でも夏の日の炎天下であれば飛ぶように売れるでしょう。

アフィリエイトにおいて、これはキーワードにあたります。端的に言うと、そのキーワードでは売れません。

どんな人を集客できているのかを分析しましょう。SEOであればキーワードが間違っているし、SNSからの集客であれば、集客する層(ほとんどの場合フォロワー)が間違っています。

もしかすると潜在的に商品を購入する客かもしれませんが、まだ情報が足りてないのかもしれません。その場合は購買行動モデルで判定し、行動をうながします。

といっても少し難しいので、初心者のうちは最初から購入する可能性のある集客をしましょう。

SEOであれば違うキーワードで記事を書いてみる、SNS集客であればターゲットを変える必要があります。

キーワードの選び方や、また改めて別ページで書きます。気になる方はまた後日、書いてtwitterにて公開するので僕のtwitterをフォローしておいてください。

どれか1つではなく複数の売れない理由が重なっている場合もある

アフィリエイトで売れない理由の4つのうち、どれか1つではなく複数の原因になっている場合があります。

ですから1つずつ原因を消していきましょう。

売れない理由がなくなった時、商品は売れます。

1と2に関しては、初心者でも確実になくせます。

「1.売れない商品を売っている」という原因をなくすには、王道ジャンルを選ぶこと。【100記事書いても売れない】アフィリエイトには丁寧さが必要

にも書いてますが、初心者はニッチジャンルやニッチキーワードを選ばずに王道で勝負して、おこぼれを拾いましょう。おこぼれだけでも5万/月は稼げます。

「2.アクセスがない」という原因をなくすには、アクセス解析を見ましょう。もしまだグーグルアナリティクスを入れてないなら、今すぐ設定しましょう。そしてアクセスがあるか解析をしてください。

「3.リンクの置き場所が悪い」という原因をなくすには、最後にリンクを置いておけば、当面は解決です。

最後に「4.買わない人に売ろうとしている」という原因をなくすには、さまざまな集客をしてみるといいでしょう。

  • キーワードを変える
  • SNSのターゲットを変えてみる

などの方法があります。地道な作業ですが、頭を使いながら、いろんな集客を試してみるだけです。

買う人を集めて、売れるものを売る

アフィリエイトでも対面販売でも、物を売ったりサービスに申しこんでもらうには、買う予定の人をあつめて売れるものを売るのが基本です。

この方法はレッドオーシャンですが、それでも地道にやっていけば、10万円/月ほどの収入は得られるようになります。

売れないものを売ったり、売れるものでも場所や売る人を間違えれば売れません。

常夏の国でほっかいろは売れません。でも雪国では簡単に売れるでしょう。

常夏の国でほっかいろを売る方法はあるかもしれませんが、遠回り過ぎる。まずは最短距離を地道にやっていきましょう。

売れない理由を1つずつ無くしてください。売れない理由がなくなった時に人は買います。

最新情報はtwitterで

私は独立や副業についての情報を発信しています。

得意なのはアフィリエイトやライター業。

初心者が未経験から副業で成功する方法を発信しています。

最新情報は僕のtwitterアカウントで告知しますので、気になる方はフォローしてください。