おすすめの副業① 「動画編集」-スキルがなくてもやれば必ず稼げる

こんにちは ゴンです。

会社員をしながらの副業は大変です。

毎日仕事をして疲れて帰ってきて、さらに仕事をするのですから頑張ってる感も半端ないですよね。そんな中がんばって仕事をしたのに、まともな利益を得られなかったら最悪じゃないですか?

私もいろんな副業をやってきて、結果としてアフィリエイトで本業の収入を超えて独立できるレベルになり、最高で月に300万円ほど稼いでいます。

でも今までやってきた副業では

「これだったらコンビニでレジ打ちしてる方がいい」

と思う副業も少なくありませんでした。そういう失敗をしないためにも、副業選びはとても大切です。

今回、紹介するのは動画編集。しかもyoutuberのアップする動画の編集です。動画の編集なんて難しいんじゃないの?と言われそうですが、今やスマホ一台でも編集は可能なレベル。ぜひ挑戦してみてください。

動画編集を選ぶ理由と稼ぎ方について紹介します。

動画でも解説してみましたので、動画でみたい方はどうぞ。16分ぐらいの動画です。

おすすめの副業は動画編集

今は誰でも参入できてしかもやれば必ず稼げる副業があります。それは動画編集です。

2019年はYoutuberが一気に増えた年で、この勢いは2020年も止まりません。むしろ2019年に解禁になった5Gで、通信容量が増えます。おそらくスマホでもギガ無制限に近い状況になるのではないかと言われています。

ギガがなくなる不安から解放されるので、家以外の通勤中の電車や待ち時間などにスマホで気軽に動画を見る時代んなるでしょう。wifiがないところでも誰でも動画を見るようになる。youtubeの再生回数や時間は増え、Youtuberがもっと稼げるようになります。

じゃあyoutuberになればいいって思うけど、Youtubeってちょっと敷居が高いじゃないですか。だからそのYoutuberが仕事をする上で必ず生まれる必要な仕事。それが動画編集です。

2020年代前半は需要過多になる

2020年になり動画を投稿する人が増えた時、動画編集をアウトソーシングする人は一気に増えます。

仕事の依頼は多く、数年間は確実に仕事に困りません。

今ならまだ動画編集を副業にする人は少なく、クオリティが低くても問題がないので参入しやすいと言えます。

特にyoutuberのニーズにしっかり応えられる動画編集者は一握りですから、クオリティを高めていければ高単価で仕事を受けられるようになります。

そうなれば副業として数万円は稼ぐのは本当にイージーモードだし、10万円も狙えるでしょう。

そして本業の収入を超えることも十分にあります。

youtuberをおすすめしない理由

youtubeが稼げるのなら、youtuberになる方がいいんじゃない?

その通り。youtuberになった方が稼げると思います。できるならやった方がいい。でもいくつか問題があります。

  • 誰にでもできる仕事じゃない
  • すぐに利益が出ない

という点です。

youtuberは動画の企画から、撮影、編集まで全て1人で行います。特に企画は才能によるところも大きく、人が興味を持つコンテンツを考えるのはとても難しい。しかもやり始めてもすぐに利益は出ない。もしかしたら1年後も通算の利益は1000円という可能性もあり、最初の副業としては不確定要素が多すぎます。

その点、動画編集では作業して納品した分だけ、確実に収入を得られるのでおすすめです。

動画編集は誰にでもできる

動画の編集ってとっても難しそうじゃないですか?

実は私も数週間前までそう思ってました。でもね、めちゃくちゃ簡単なんですよ。

あなたの持っているスマホでできてしまうレベルです。iPhoneであればimovieを使用しましょう。androidであればVivaVideoというアプリをダウンロードしてみてください。簡単にできます。

試しに10秒ぐらいの動画を2つ撮影してみましょう。その動画を5秒ずつにカットして、くっつける。すると10秒ぐらいの動画ができるのでテロップをつけましょう。

「え?どうやってすればいいの?」

それはググればすぐ出てくるので、調べてみてください。

スマホでなくPCがあれば、ではAviUtlかmacの場合はimovieのPC版がおすすめ。無料のアプリで十分仕事に使えるレベルです。

おすすめ有料の動画編集ソフト

投資は少し利益が出てきてからで構いませんが、数万円稼いだらそのお金で動画編集ソフトを購入しましょう。

できることや作業スピードが全く違うので、稼げるレベルも変わります。

おすすめは2つ。

  • Final Cut Pro(Mac専用ソフト)
  • Premiere Pro(Adobe)

のどちらかを購入しましょう。

この2つは3万円程度しますが、動画編集の副業で稼ぐなら、それだけの価値はあります。

まだそこまでの投資は怖いという場合は、Premiere Elementsの方が少し値段が抑えられますので、それでもいいでしょう。そして自信が出てきたらMacだったらFinalCutProを、windowsならPremiere Proの購入を検討してみてください。

と言いつつも、まだ買わなくていいです。

有料ソフトの購入はその分の利益を稼いでからで構いません。最初の数万円稼ぐまでは無料ソフトで十分です。

なお、やり始めたらすぐに稼いでしまうと思いますが。

動画編集での稼ぎ方

動画編集で稼ぐには、仕事の依頼をいただかなくてはいけません。

その方法は

  • クラウドソーシングサイト
  • 直接依頼
  • youtubeチャンネルを作る

の2つです。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、まずは

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

に登録しておけばいいでしょう。

例えば動画編集の依頼を見てみましょう。

このようにyoutubeの動画の編集の依頼がたくさんあります。

ここから依頼を貰って、動画を納品するだけです。簡単でしょ。

最初は勇気が必要ですが、youtubeを今までも見たことがある人なら問題ありません。

youtuberからの直接依頼

クラウドソーシングサイトは結構高い手数料が取られます。

ですからできれば直接依頼を取りに行けるようにしましょう。

方法は簡単です。動画編集者としてのtwitterアカウントを作ればいいのです。そこでポートフォリオとして自分が編集したyoutubeの動画をアップしていくだけ。

仕事依頼をいただいた方に、「ポートフォリオとしてtwitterでアップしてもいいですか?」と聞いて見ましょう。youtuberは拡散された方が嬉しいはずなので、嫌がる人は少ないはず。

そうやってSNS実績を貯めていけば、SNS上で直接依頼がくるようになるでしょう。「#動画編集」などのハッシュタグをつけてもいいかもしれません。

直接依頼から信頼を得れば、固定収入を見込めます。なぜならyoutuberも素性や仕事内容がわかっている人に継続してお願いしたいからです。

直接依頼をたくさんもらえば安定した収入を確保することさえできるのです。

youtubeチャンネルを作る

直接依頼をもうら方法の中でもおすすめなのが、自分のyoutubeチャンネルを作ることです。

チャンネルの内容は「youtuber向けの動画編集の方法」です。

自分で勉強して行なったことを、わかりやすくYoutuberに説明してあげられる動画をアップするチャンネルを作ると間違いなく仕事を取れるでしょう。

なぜならその動画を見れば動画編集スキルがあるとわかるからです。しかもその視聴者は動画編集のニーズがあるyoutuber達。

概要欄などに自分のSNSアカウントなどを貼っておけば、間違いなく仕事の依頼はくるでしょう。

少し動画編集に慣れてきたら絶対にやるべき集客です。

動画編集で稼ぐために最低限できるようになっておくべきこと

動画編集では1番簡単な依頼は、

  • テロップの挿入
  • 無言時間のカット

です。

対談や人が話している動画では、無言の時間が生まれます。人間は話す時に考える時間が必要なので、3秒から5秒程度ですが、その無駄な時間をカットする。そして大切な言葉にテロップを入れる

ですからこの2つについてはできるようにしておきましょう。

そして単価の高い依頼に移行していきます。

高い単価の依頼は要求されることが多くなってきます。その部分を自分で調べて自分の動画で試してみて、できるようになれば挑戦してみる。そしてどんどん高い単価の依頼を受けられるようにしていってください。

そうすれば今の仕事をやめて独立できるレベルまで収入を伸ばすことも可能です。

動画編集で独立もできる

ここからは全員ではありませんが書いておきます。

会社をやめて独立したい場合でも、動画編集はオススメできます。

動画編集だけで50万円/月を稼ぐ人も出てきていて、組織化すれば100万円以上の利益を得ることもできます。

その利益をもってもっと他の仕事にチャレンジする機会も生まれるでしょう。

Youtubeは今からものすごい波がきます。その波に乗れば簡単に独立だって可能です。

動画編集は副業として本当にオススメ

動画編集はyoutubeの大きな波の乗る、とてもいい方法です。

たくさんお金が動くところでは単価が大きくなります。時給換算すれば少なく見積もっても5000円程度まで延ばせるでしょう。

今始めた人が先行者利益を得られます。もし今何もスキルを持っていないけど独立したい。という人がいれば、動画編集はとても簡単にできる仕事です。

仕事の中でできることは増やしていけばいいだけ。ぜひ挑戦してみてください。