勝つことが目標だったレース。

前回勝ってそのままの勢いでE1まで上がりたかったので気合は十分。勝つ気も満々です。

ちゃんと調整をして、ちゃんと前情報を仕入れてスタートしたのに11位。

正直今までで一番悔しいレースでした。悔しさの原因は中途半端なことをしてしまっての後悔です。

あ、E2で11位になりたかったら読んでくださいね!

↓ゆっくりスタートだったので、コーヒーとフレンチトーストを朝ごはんに食べてから行きました。

IMG_7104

実はおくりさんの写真待ち

逃げを狙ってみる

一昨年の秋舞洲ではキリPも単独逃げ勝利、去年万太郎がここで逃げて単独逃げ勝利。ということで当時の彼らほどのスピードはないとは思うものの狙ってみたいなと考えていました。

試走で風の具合を見てみようと思ったけど、あまりにも試走人数が多くて風を受けることが出来ずどのくらいの風かわかりませんでした。

まぁレースペースをみながら、自分で風を浴びてみてから決める予定でレーススタート。

C1のレースを見ている限り最終コーナー出口から縦伸びして後ろはしんどそうだったので、基本前に前に位置取り予定。

でも1周目は一気にあげたくないので集団に飲まれる(スロースターターなもので・・・最初から上げるのしんどい)すると最終コーナーでは後ろはかなり減速してインターバルがかかるのを確認したので、前にいきたいなと思いホームストレートでフンッって踏んで15番手ぐらい。バックストレートでフンッって踏んで5番手ぐらいまであげました。

500W15s*2で5番手ぐらいまで上がれました。

実際、前に位置取りしてみると第3コーナーから最終コーナーである程度自分の思い通りのラインを通れるのであまり減速せずに済む。そうするとホームストレートで多少は踏むけど、そこまで減速せずに後ろにいるよりはマシそうだったのでこの辺りにいようと決めた。

基本的には逃げに乗るか自分で逃げる予定だったので前に位置取りをしようと思っていたので、当然の位置取りなんですが。

いざ何周か回ってみると、さすがにE3よりは前にいるのがしんどいイメージ。もしくはコース幅が広いからあがりやすいのかどんどん外から被せてくるので位置を維持するのが多少しんどい。多少だけど。

でも毎週の平均速度は40~43で推移。平地マンが逃げた7週目の周回賞のあとも同じようなペースで全然緩まないから、単独で逃げるのは諦めました。俺の実力であの風の中43km/h(ってことは直線は45km/hぐらい)を数周回維持すんのはたぶん無理です。

逃げグループに乗る作戦変更

ということである程度速い(であろう人)がアタックしたらそれに乗って数人で逃げる or アタックして誰か連れて数人で逃げる作戦に変更。

何度かチェックしていた数人がアタックしたから乗ってみたものの、あまりちゃんと回れずに集団吸収を数回繰り返す。自分でもアタックしてみるものの気持ちを揃えられない。

(↑ここは感覚なので練習などで、もう少し先頭集団を作って逃げるってことの経験を積みたい。いまいちこれがちゃんと決まる逃げなのかどうかがわからん)

自分が逃げて集団に回収された時に、残り4周で逆サイドからアタックが

このアタックした碇さんがそのまま勝利する形に。勝ち逃げはここだったか。

中途半端なブリッジならしない方がいい

これは本当に感覚で根拠はないのですが、このアタックは決まる気がしたので反射的にブリッジすることにする。集団引き連れて行きたくないので、渾身パワーで飛び出る。実にこの日の最大パワーはこの時に記録。

よし!後ろが追ってくる気配はない。キリPのアドバイスをここで思い出す(内容は内緒)

アタックした碇さんが前を走っていて、彼にブリッジ僕ともう1人(必死だったので誰だったか覚えていない)は確認。この3人の逃げグループができれば逃げれそう。

ただ碇さんがマジで速い。2人で追いかけてるのに中々追いつかない。もうすぐなんだけど追いつくまでが長い。

実はここで足を使って切ってしまうことにビビって踏み止める。これが本日一番の失敗。

もちろんブリッジしたところで、勝てるかどうかなんてその時にはわからないし、正直まだ踏める足が残っていたのかどうかもわかりません。でもそこまで行ったのなら最後までブリッジしろよ。途中で諦めんなよ。

って今は思う。

案の定、最後までブリッジ仕切れずに集団に戻っても成す術なし。

残りは2周。集団はなかなか追いつけないし、最終周回に向けて集団内の位置取り合戦が、ブリッジ諦めおじさんには少しキツイ。

最終周回も一気に上がる、なんかあがる感じはE3より全然あがってる気がする。「えーもうしんどいって!」って思いながらも、頑張って踏んで最終コーナーは5番手ぐらいで入る。立ち上がりで前が発射したので腰を上げて発射!

あー今日は景色が進まない。そうかもう足がないのか。第4コーナーはネクストリームが集まっていたので声援が聞こえるけど、もう本当に踏めない。

ってことでまくられて11位。

経験不足というか色々勉強になった11位でした

前回はレースで初勝利して、すごく今は自信に繋がっていることが本当にいいことだと思っています。

でも今回悔しい負け方をして、負けた方が学ぶことは本当に大きかったなと思います。やっぱり失敗には学ぶ事が多い。

  • レースの読みは結果としてそこまで間違っていなかった
  • でも自分の力を信じられなくて最後まで踏めなかった
  • もちろん独走力不足もある

すいません。他にもいろんなことがあるんですが、ちょっと文字化をしづらい感覚的な部分です。これを玄人は経験というのでしょう。そしてテクニックはもちろんつけたいと思っていますが、基本的にはもっとパワーを増やして、いろんな選択肢を作れればいいなと思います。

あと負けたら頑張ろうって思えますよね。

そして今回のC1のレースも見てたし、独走勝利をしたキリPと平地マンはすごいなと思ったのです。

とりあえず自分から諦めてしまった事も、独走できるような足がなかったことも、なんか色々とものすごく悔しいレースでした。これを糧に、美山に向けて頑張ります。

たぶんきらら浜も出る。たぶん。